« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010/02/28

ヤツガシラ 2 羽繕い

20100301_203533171
20100301_203945171
 芝地で餌さを捕っていたヤツガシラが、急に飛び立った。その方向にいそいで移動した。なんとなく、そんなに遠くに行ってないように思った。カンが的中し、独り占めで撮ることが出来た。それも直ぐ目の前である。だから、すべてノートリでこの大きさである。

 始めは、後姿だったが思いが通じたのか見返り、そのうえ羽繕いまでしてくれた。

20100301_213634296
20100301_203925156
20100301_203452234
20100301_203651015   
 同じような写真ばかりであるが、その愛らしい姿にシャッターを押し続けてしまった。
雨上がりの芝に羽が汚れたのか、黒と白の縞模様の背をかきわけるようにして丹念に繕っていた。

20100301_203723171_2 
20100301_203507906
20100301_203813921 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ヤツガシラ 1 羽 冠

20100301_174659250
20100301_174727671
20100301_174754125
 ヤツガシラは、羽冠を驚いたときや、警戒するときに扇形に開くとのことである。たしかに、芝に降りて採餌中は、羽冠をたたみ頭は角のような格好だった。なんとかヤツガシラの語源でもある羽冠を立てた姿を撮りたいとの思いで朝から3時過ぎまで粘った。間の一回と最後に見せてくれた。
 この幸運も、Mさん、そして詳しく場所を教えていただいたE さんのお蔭であり感謝申し上げます。

20100301_174838812
20100728_204247703
20100301_231950375
20100301_232009359
 この時は、なぜか突然に 羽冠を開き、そのまま餌さを捕っていた。

20100301_174949828
20100301_175005875

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/27

2月の在庫から カワラヒワ、アオジほか  

   朝のうちの雨に出足をそがれて、遅くなって荒川上流に向かったが、目的の鳥さんに出会えなかった。仕方がないので、もう一日残すが2月の在庫整理をする。2月は逃げると言うそうであるが、それにしても一ヶ月の過ぎることの早さにただ驚くばかりである。毎週、さして得るものもなくウロウロしているうちに終わってしまった。来月はレンジャクの飛来に期待したいものだ。

20100227_082223171
20100227_082156703 
 小鳥たちは、春を感じているのだろうか。
 オスメスが テリトリーを一緒にするようになってきたようだ。

20100227_200815562
 アオジがいつのまにか、ガングロにかわり腹部の色も鮮やかさを増した。

20100227_083023656
20100227_175820312_3
 ホオジロの「一筆啓上仕り候」と聞きなされる囀りが聴けるのも間もなくのことだろう。

20100227_082318750
20100227_082258406
 シロハラは、この冬は例年以上に良く姿が見られた。頭や体の褐色が薄いメスも木上にいた。旅立ちが近いのだろうか。

20100227_202131156_2
20100227_083153687
 トラツグミと一緒にいることが多く余り気にとめなかったが、頭から喉にかけて黒味が濃く、オオアカハラのようだと、教わった。
 「モズが枯れ木で鳴いている」の唄の光景も今のうちではあるが、春が待ち遠しい。

20100227_082358359

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/20

アオに変わって アカゲラ

20100220_173546390
20100220_173601125
 先週はアオゲラを堪能できたので、今日はアカゲラ狙いでマイフイルドに入った。ピクニックの森を歩いているときに、小道の奥でキョッ、キョッと鳴き声を聞き森に分け入った。アカゲラのオスが逆行ながら比較的近く低い位置にいた。

20100220_173524828
20100220_173502609
 アカゲラは、アオゲラのゆったりとした採餌と異なり落ち着きなく幹を動き回る。

20100220_173651906
20100220_173718250
 逆光に、♂のベレー帽のような赤い後頭と腹裾の赤が透き通る。

 めずらしく♀も近くにいた。これまでだと、どちらか単独のことが多く一緒に見られることはなかった。繁殖期を迎えようとしているのだろうか。また、先週は良く見かけたアオゲラは、見ることが出来なかった。

20100220_175513328_3
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/02/17

アオゲラ 2 脚と尾羽

20100217_201231359
20100217_200940187
20100217_201058593
 アオゲラが木の幹に垂直に留まって、まったりしていたと思ったら羽繕いまで始めた。
こんな芸当が出来るのは、強靭な脚を持ち指が前と後に2本づつ対になっていることと合わせて尾羽が体を支える3本目の脚の役割を果たしていることによる。
尾羽は、各羽の周りがぎざぎざになっていて、羽軸が凹でいてたわみに強い構造に出来ているそうだ。この尾羽を幹に押しつけるようにして、両脚とともに岩登りのように3点確保しているのだ。

20100217_200713078
20100217_200748500 
20100217_200809281 
 アオゲラは日本固有種であり、学名に Picus awokera と標記され、外国からもマニアがこの鳥を観察に訪れるとのことである。

20100217_200731984
20100217_202715093_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/14

アオゲラ 1 糞と舌

20100214_204657671
  「まだ、来てない」「今年は、危ないかも」このところの秋が瀬仲間の挨拶替わりの会話である。レンジャクのことである。去年の初認が21日であり、ソワソワするのも無理からぬところである。 そんな状況を今日はアオゲラが大サービスで救ってくれた。

20100214_203840609
20100214_211625515
20100214_211706593
 めずらしく、枝に平行に乗っていると思ったら白く丸い糞を排泄した。
   
20100214_211650171_3
20100214_203703671_2  
 クチバシに木の繊維が付いているのかと思っていたらアオゲラの舌だった。

20100214_204100406_2      
20100214_204119250   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/13

番外  雪の棚田

 朝から、小雪が舞っていたので鳥撮りを休み、一日のんびりとひきこもっていた。今年になって初めてのことで良い休養になった。
ちょうど今日から、冬季オリンピックの祭典が開幕した。映し出される雪山の風景に昔日の山旅がひきりに思い出されてならなかった。そこで、今日は番外として雪の風景を掲載することとした。

20100214_073839703
20100213_204401937_2
 明けゆく 北アルプス連峰と原田沖の棚田

20100213_202254625
 バーダーの世界に首を突っ込む前に、棚田の撮影に凝っていた。棚田が今ほど注目される以前のことで、田んぼの写真をわざわざ撮るカメラマンは、ほとんどなく変わり者扱いにされたこともあったのも、懐かしい想い出だ。

20100213_214146390
 長野冬季オリンピックの開会式に使われた芦尻の道祖神(長野県更級郡大岡村)

20100213_202453062
 雪に埋もれる田の神   青鬼の棚田(白馬村)

20100213_202355750_2
20100213_202418250_4
 鹿島鑓ヶ岳の双耳峰を望む 塩本の棚田

20100213_214129093
 


      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/11

今日の寅さん トラツグミ

20100211_172000421
20100211_171929453_3
20100211_171913656
 
 「ゆるんだ泥が足に、くっついちまった。結構毛だらけ、猫灰だらけ、トラの足は泥だらけ。」と言いはしなかったが、こんな日も元気なトラツグミ。
 雨交じりの寒いマイフイルドは、ほとんど人気もなく閑散としていた。ギャラリーがいないのを幸いにトラさんは、広場の草地に出てのんびりと枯葉の下やモグラの土盛りの中をさぐっては餌をついばんでいた。
餌さとなっているのは、ミミズが多かったが、なんかわからぬ虫や木の実も器用に掘り出しては食っていた。

20100211_172031640
20100211_171944593_3
20100211_172050468
  何かに驚いたように、木に飛び退いた。枝どまりは良いが、暗くて絵にはならない。

20100211_172120765  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/02/07

ユキホオジロ 3 海 辺

20100207_231558859
20100207_231629687
                        海を臨んでユキホオジロは、なにを想うのだろうか。

    ユキホオジロの同じような写真を、とうとう3回にわたって掲載してしまった。
海の蒼さにも、砂地や草地でも、その小さき体から見るものを幸福感にひたらせてくれる魅力をただよわせていた。その虜になったし、2度と逢えないとの思いからである。

20100207_232144640
20100208_082224046
20100208_082245187
20100208_082337531   
20100208_082640000_2 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユキホオジロ 2 草 地 

20100207_185106265
20100207_185222328
20100207_185412875
 漁港の堤防に堆積した土に生えた草が島のように並んでいる。その枯れた草の実や種を、ユキホオジロが拾っていた。
 また、カメラマンによりアワなどの小鳥の餌が撒かれていた。心配したことだった。餌付けは、カメラマンに都合がよいが小鳥達にとってどうなのだろうか。餌付けは、天敵も呼び人の去った後は危険を招くことになるとの指摘も聞いたことがある。せっかくの野鳥のロマンが汚されたような気がしてならなかった。
 ユキホオジロは、海岸の砂丘や農耕地、荒地で生育している鳥であり、たとえ迷鳥であっても、行過ぎた保護や餌付けは慎みたいものである。

20100207_185155156
20100207_185755765
20100207_185830078
20100207_185555062_2


 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ユキホオジロ 1 浜 辺

 ユキホオジロを撮ることができた。関東では、20数年ぶり、2度目のこととのこと。ユキホオジロは北極圏で繁殖し日本には北海道に冬鳥として渡ってくるとのことである。
北海道でも、運が良ければとのことであるから、こんなことがなければ、ユキホオジロを見ることすらなかっただけに、この一羽の迷鳥に感謝したい。そして情報を知らせていただいたMさん、現地でお世話になった皆さんに心からお礼申し上げます。

20100207_181229046_2
20100207_181205140_2
 ユキホオジロが朝日のふりそそぐ浜辺を、ちょこちょこと動き砂地から何かをつまんでいた。先ずは、その姿に魅せられた。

20100207_183550843_2
20100207_183331000_4
20100207_183400406
すぐそばで採食しているハマシギよりもかなり小さな体でありながら、怖がる様子もない。丸い黒い目と小さなクチバシがなんとも可愛い。

20100207_183440562
20100207_183255406
20100207_183658421 

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/02/06

春は名のみの  メジロほか

20100206_153101531_3
20100206_153129500_4
 春は名のみの風の寒さよ・・・早春賦そのままの朝だった。そこで梅の花を見て春を感じてみようと思った。ウメジロウを撮るつもりだったが、カメラを用意したとたんにメジロはいっせいに飛び立ってしまいワンチャンスだけだった。

20100206_145219000_3
20100206_144931281_2
 僅かに残っていた紅梅にモズが、かろうじて残っていた椿の花にメジロが来てくれた。
余談ながら、今は何でも花が散ると 言うが、「散る」と言った場合は桜を意味し、梅は「こぼれる」と表現 し、椿は「落ちる」と細やかに表現方法が決まっていたそうだ。

20100206_145050062_3
20100206_145123453_2
 北風が、にわかに強く吹いてきたので早々と引き上げる途中でコゲラが古木にひがみつくようにしていた。頭の赤い部分がめずらしく見えたので慌てて撮った。

20100206_145320750_2 
20100206_174649078

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »