« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/27

今日も本命は・・ カンムリカイツブリ

 ミサゴのダイブを撮りたくて今週もミニ遠征した。3週続けて日曜日に通うがなんとか撮れたのは初めの時だけで今日は、6時間の間に1回だけ上空を飛び、はるか遠くでダイブしただけだった。
 そんな中で、カンムリカイツブリが比較的近くに寄ってくれたのと、セグロカモメが慰めてくれた。

20111127_1901143431_4
20111127_185823734
20111127_185703140_2
20111127_185740375_21
20111127_1859114371
20111127_1858550621
20111127_185940640

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/26

枯れ野の モズ

 今朝は、昼間の温かさが予測できない冷え込みだった。冷たい朝だけの撮影に、おつき合いしてくれたのは、モズだけだった。
 モズが枯れ木で泣いている・・・♪の唄のように、枯れた草や木の風景の中で一羽で凛としている姿が良い。そしてモズだけは、オスよりもメスの方が良いような気がする。
 
20111126_225142140
20111126_225119453
20111126_225317250_2
20111126_225227906 
20111126_225249718
20111126_225837312
   枯れススキにとまるモズのオス。

20111126_225729140

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/20

本命撮れず  五目撮り

 今日は、自業自得とはいえ散々だった。寝坊をしてしまい予定していたフイルドを諦めマイフイルドに行くも、目当ての鳥さんには出会えず、ならばと先週のミサゴのポイントへ急遽、車を走らせた。昨日の雨で様子が変わったことを期待したが、ミサゴは上空を通過するばかりで撮ることが出来なかった。
 ミサゴを待つ間に、カモが目の前を移動し、遠くにマガンが一羽珍しく姿を浮かべ、ウとサギが近くで遊んでくれた。そして駐車場に向かう帰りの橋でトウネンを見つけた。

20111120_212224421_2
20111120_212831921
20111120_212547046
20111120_213435703
20111120_213213703
20111120_213628890
 先週のミサゴを口惜しいので、アップする。晴れた光の下で、こんなシーンをキャッチしたくマイフイルドの森を早々に切り上げたのだが、そうは問屋が卸さなかった。

20111120_231136984
20111120_210559844_2


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/14

ミサゴ 捕 獲 2 

 ミサゴが大魚を捕獲する模様を連写した。実際にはこの倍ぐらいのコマ数だった。
 (画像をクリックし画像を大きくすると、迫力があるようなので、お試しください。)

Img_3697_8
  ダイビングしたミサゴは翼の先端を残し水中に全身を沈め、次に顔を出した。

Img_3700_edited2_5
Img_3701_3
   いったん、胸まで出たが掴んだ魚の抵抗にあっているのか水を打つように羽ばたく。

Img_3702_3
Img_3704_edited1
  ようやく獲物を、水から引き上げるが飛び上がれずにミサゴも水面に平行姿勢に。
 
Img_3706 
Img_3707_edited3
Img_3710_edited1
   そのまま魚を、ひきずり上げていく。かなりの大物だ。

Img_3711_edited1
Img_3712_edited2
Img_3713_edited1
   ついに、魚を水面から完全に離すことが出来た。

Img_3715_edited4
 カモは、こともなげにしている。オオタカが上空に現れたときは、カモの群れが大騒ぎだった。まるで、ミサゴは自分たちを襲わないと知リ抜いているかのようだ。
 ミサゴが、ダイビングして獲物を捕らえ水面から飛び立つまでの格闘は、5秒間のドラマだった。

Img_3717   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/13

ミサゴ 捕 獲 1

 ミサゴは、魚を獲るタカである。体長が60cm、羽を広げればゆうに1.5mを越す大型の猛禽だ。上空を旋回しながら狙いを定め、一気に急降下して水面にダイビングし魚を捕らえる。今日は、そのアタックするところを9時から3時までの間に5回ほど見たが、失敗したのは一度だけだった。(一番上の写真)
 迫力に圧倒されながら、シャッターを切った。また、現地は朝のうちは霧がたちこめその後も雲がきれずにシャッタースピードが上がらず、むやみにトリマクッテみた。全部の整理がまだ出来ていないが、とりあえずアップする。

Img_3620_edited2
Img_3702
Img_3705
Img_3647_2
20111114_015228796   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

秋 色 小鳥のいる風景

 今年も余すところ2ヶ月足らずとなった。青々と茂っていた葦原が、ミルクティをそそいだようにセピア色に変わり、木々も葉を落とし始めた。季節の移ろいの早さにただ、驚き立ちすくむような想いにかられる。 渡ってきた冬鳥たちが無事に過ごせることを祈ろう。

 写真上から ジョウビタキ、アオジ、ホオジロ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、アリスイ

20111105_195402187_3
20111105_203735328   
20111105_184725140
20111105_185243125
20111105_201750453
20111105_195007328
20111105_224501031_2
20111105_185121765
20111105_185012406_2 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

今季初 アリスイ

 今日は、「秋ヶ瀬野鳥クラブ写真展」の当番を午後からつとめた。来ていただいた人が予想外に多く、作品展をほめてくれる人もいたりして楽しかった。

  葦原の中に、アリスイがよく姿を見せるという木が何本かある。その中で遠いけれど一番確立が高いといわれる木に狙いを定めて待つこととした。一時間ほどたった 9時頃、根元の枯草からアリスイがゴソゴソと出てきて木を登り始めた。その後、枝を飛び移っては高い所へ移動し梢まで達した。その間、2、3分のことだ。ようやく、枝や葉の被らないとこに出た。それも枝と平行にとまるのが常態なのに立ち上がるようにしていた。はじめは後ろ向きでやきもきさせられたが、最後に前を向いてくれた。

 20111101_203500781_2
20111101_203435703_3
20111101_203419406_4
20111101_203630437
20111103_2250030161_2
Img_3068_edited1   
20111103_202359343
  アリスイがいた木の枝でモズが高鳴きをはじめた。また、その木の近くにあるムラサキシキブの実をヒヨドリが啄ばむ。行きつけのブログに、ムラサキシキブの実とアリスイの見事な写真が張られているのを見たが、そんな僥倖は望むべくもなくアリスイが見られたのは、お昼までにこの一度きりだけだった。

20111103_211214921_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »