« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012/02/26

今季初  トラツグミ

 『黒と黄色のトラのような模様のツグミで、トラツグミ。阪神ファンのバードウォッチャーがいたら、たまらない存在でしょう。といっても野球ファンのバードウォッチャーは珍しい存在、まして阪神ファンとなると珍鳥的存在ですが。』 これは「日光野鳥研究会」の松田道生氏のトラツグミの冒頭の一文である。何を隠そう当方は、正にその珍鳥的存在そのものである。それなのに、トラツグミがマイフイルドにも入っているようだが一向に出会えず、ついに業を煮やしてミニ遠征した。

20120226_175035390
20120226_211704937
20120226_175259437
 トラツグミがリュウノヒゲの実をついばんでいた。最初に記した「松田道生」先生流に言うならば、虎(阪神)が天敵の竜(中日)を喰らうという誠に溜飲が下がる光景だ。おまけにアカンベーやストレッチまで見せてくれた。

20120226_175346625
20120226_175219437
20120226_211628203_2   
20120226_175241375
20120226_175326640_2
20120226_175442218_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/02/25

春近し  ルリビタキ

 ルリビタキのメスを、雨が止んだ午後の森でようやく撮ることが出来た。
ルリビタキは、群れをつくらず越冬中はオスもメスも別々にテリトリーを守っている。
だから、オスばかりが撮れたり、その逆であったりする。
 オスが、そろそろメスを自分のテリトリーに呼ぼうとしてか、しきりにさえずりを
あげていた。もう、鳥たちに春は近いようだ。

20120225_185659078_2
20120225_185713703
20120225_190118281_2
20120225_185903718
20120225_185736265
20120225_190137484
20120225_190155015

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/02/19

茶マシコ  ベニマシコ♀

 マイフイルドでタマには腰を落ち着けてみようと思い、歩いてみたが撮れたのは水路のベニマシコ♀ぐらいだった。ピクニックの森にはアリスイの出を待つカメラマンが案外多くいたが、最近はどうも根気がなくなってとても待つ気にはなれず、早々にマイフイルドを後にした。
 こんな時は、更新を休んでも良さそうに思うのだが、赤い♂なら喜んでアップするくせに茶色の♀はパスしたのでは、セクハラとのそしりを受けそうなのでとか、今年は冬鳥が見られないなどと腕の悪さを棚に上げ、言いわけを考えつつの更新となった。

20120219_202630437
20120219_202538000
20120219_202243188
20120219_202331250
20120219_202308000
20120219_202405750
20120219_202449828_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/18

空と湖  チョウゲンボウ、オシドリ

20120218_134112531
20120218_134129343
20120218_134148375
   チョウゲンボウが、大空で北風にあおられながらホバリングを繰り返していた。
   オシドリが、湖水で上空を気にしながらデートを楽しんでいるようだった。

20120218_140633031
20120218_134327656_2 
20120218_134347671_2
20120218_134547656_2
20120218_144231875_2
 
 
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/12

再び珍鳥に  ヤツガシラ

 ヤツガシラは、頭の先に8つの冠羽があることからヤツガシラ(八頭)と呼ばれる。日本には、旅鳥または冬鳥として稀に渡来する。千葉(富津)で写して以来、2年ぶりに再び珍鳥に出会えるとあって、そのときの感動を思い起こしながら車を走らせた。
 現地ではすでに多くの人が土手下のグランドにカメラの放列を布いていた。ヤツガシラは、はるか先の藪の際にいた。撮れる距離ではなく待っていたところ突然、飛び立ち頭上を越え更に遠くへ去ってしまったが、しばらくして近くの木に幸運にも戻ってきた。

20120212_172509265_3
20120212_151858156
20120212_152123218
20120212_170715796
20120212_152700296
 長く反ったくちばしを、地中に射しこむようにして幼虫のようなものを日陰の草地で捕っていた。餌にもよるのだろうか上に放り上げずにそのまま口に運んでしまい期待したような餌の食べ方を見せなかった。また、冠羽を広げるようすもなかったが一度だけ遠くで草地に入るときに見られた。その様子が見られたことに満足し、11時前に帰路に着いた。
20120212_152434234_2
20120212_152318312
20120212_152610125
20120212_152338671_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/11

秋ヶ瀬公園  エナガ、シロハラ

 エナガが ピクニックの森に入ると直ぐに迎えてくれた。今日は何かと所用があって午前中だけだったがトラツグミやアリスイ、アカハラ、シメ等の冬鳥がようやく入り始めたと聞き、今年になって初めてマイフイルドの森を訪ねた。
 エナガとシロハラに遊んでもらっているうちにお昼になってしまい、目当てのトラツグミには逢えなかったが、マイフイルドが楽しめるようになったのを確認し、ほっとした気分だった。

20120211_202825890
20120211_202739046
20120211_202802046
20120211_202453718
20120211_225410218
20120211_204012281
20120211_202555187
20120211_202617671

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/05

コミミズク 3  とまり木

 コミミのとまり木への飛びつきや飛び出しを撮りたいと狙うのだが、まともに撮れない。集中力に欠けているのを棚に上げ、気を抜いた時に限って飛び出すコミミを、つい意地悪く 思ってしまう。
 正面からみると胸から腹部にかけての羽色が、赤味が強く黒いものや、白いなかに黒い縦縞が多いものや少ないものなど個体差がはっきりとみられる。

20120205_090536640
20120205_110030031 
20120205_090623609
20120205_110644921 
20120205_091917031
20120205_105341328
20120205_090938890
20120205_093209765_3 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミミズク 2  食 餌

  コミミがいきなり枯れ草の中に飛び込んだ。しばらく下を向いていたがネズミを咥えて顔をあげた。足でネズミを押さえつけていたのだ。辺りを警戒しながら、そのまま呑み込んでしまった。コミミは、この食餌のために飛び回っているのだから、残酷で気味が悪い気がしたが、それは身勝手な感情であろう。食餌後のコミミズクの毅然とした表情に、むしろ打たれる。

Img_2741
Img_2742_edited1
20120205_131857406_2   
Img_2744_edited2
20120205_085717328
20120205_085733718

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/04

コミミズク 1  飛 翔

 コミミズクは、風もなく穏やかな天候に誘われたのか2時前に荒川の土手を縦横に飛び始めた。カメラポイントの前と後に同時に現れることもあったりして慌てさせられたが、飛翔する個体4羽 が確認できた。
 音もなく、土手を越え一気に迫ってくるスピードにピントがついてゆけずフレームからはみ出してしまったり、撮り損ねたりと散々だったが愉快な撮影だった。

20120204_211139062_2
20120204_211048265_2
20120204_211031828_2
20120204_211121843_2 
20120204_211214312_3
20120204_232935812 
20120204_211103812
20120204_225756328   20120204_211313046_2
20120204_211256750_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »