« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012/11/29

ノイバラ  シロハラ、メジロ

 本命に出逢えず水路に立ち寄った。対岸の土手にはびこる草木の中でノイバラが赤い実をつけている。その実が、ツグミやシロハラ、メジロなどの格好の餌となっていた。
肝心の本命が現れないが、残念ながら予定があり時間切れのため引き上げる。

20121129_183743562
20121129_183814468
20121129_183758046_2
20121129_183835875_3   
20121129_183913609_2
20121129_183930734_3
20121129_183948703
20121129_184018921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/25

遅い旅  サメビタキ

 午後になってマイフイルドの森に立ち寄った。入って直ぐに、上に向かってシャッターを切るカメラマンの人たちに出会う。聞けば、サメビタキとのこと。早速、仲間に加わるがなかなか見つけられない。丁寧に居る枝を教えてくれたり、場所を変わってもらったり、仕舞いには、こちらのカメラをのぞきファインダーに取り込んでいただいた。お蔭で、サメビタキを撮ることが出来、また仲間の親切が何よりも嬉しかった。
 サメビタキは、春に渡ってきて北海道などで繁殖し、秋に越冬のために東南アジアに渡る途中に見られる旅鳥である。それにしては、もう木々は紅葉から枯葉に変わろうとしているこの時季に姿を見せるとは遅い旅立ちだ。
  20121125_201733765
20121125_202032250
20121125_202015718
20121125_201748468
20121125_201919984_2
20121125_201856250
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/23

晩 秋  アラカルト

 今週は、3日間仕事に出たので今日こそはと思っていたが、朝からの雨であり明日も腰の治療で鳥撮りには出られず、一週間更新が途絶えてしまうので、先週末と週初めの在庫を寄せ集めてしのぐこととした。季節は、お構いなく進んで行ってしまうようだ。

20121123_100254765_2
   ♪ モズが枯れ木で鳴いていた・・・。

20121123_100757968_2
20121123_100117828
   ジョウビタキが枯れ野で。

20121123_100157828
   ツグミがいつの間にか入ってきて。

20121123_101737671
   アカウソ。ベニバラウソと言う人もいたが?某所で。

20121123_100321265
   アカゲラが直ぐ近くで。

20121123_100628468_3
20121123_100343484_4
   カワセミを、他に撮るものもなく。

20121123_100405203_3  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/18

ファミレス  マヒワ

 マヒワが、鈴なりになって枯れた花柄の中から種をつまみ出していた。
 一本の枯れたマツヨイグサが、まるで大繁盛のファミりーレストランだ。
 今日は木枯らし1号が吹き荒れて、まともに撮れず一昨日の在庫から。

20121118_210003046
20121118_204953468  20121118_223028750
20121118_223050796 
20121118_204843468_2
20121118_204905906
20121118_204757859

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/16

メマツヨイグサ  マヒワ

 マヒワが、枯れたメマツヨイグサの茎にしがみつくようにしてその種子をついばんでいた。メマツヨイグサは、外来の侵食植物であり旺盛な繁殖力は園芸の邪魔物に違いないが、マヒワには相当のご馳走のようである。道端で少々、人や自転車が通ろうが逃げもせず夢中でついばんでいた。

20121116_185550828
20121116_185534015
20121116_185653921
20121116_185932625
20121116_185856687

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/12

潜 む  ヨタカ、フクロウ

 ヨタカは、葦原の中の木立の低い枝にいるため、葦の隙間から覗くほかなかった。脚立に乗ったカメラマンから教わってなんとか見つけることが出来た。黒、褐色、灰色の羽は保護色であり、枝に並行に止り木のコブのようになって潜んでいた。
 ヨタカは、夜行性の鳥であり日中はほとんど眠っているばかりなので、往復3時間の道程だったが30分で引き上げた。
 マイフイルドの森では、フクロウが竹笹の中に潜むようにしていた。このままこの森で越冬するのだろうか。

20121112_211031562
20121112_213512578
20121112_210939500_2
20121112_210958125 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/10

カナムグラ  アカウソ、アトリ

 アカウソがカナムグラの種子をしきりについばんでいた。見ていて6年前の大群を思い出す。さらに浮かぶのは、百人一首の 『 ヤエムグラ 茂れる宿の さびしきに人こそ見えね 秋は来にけり 』 の句である。
 この句のヤエムグラはカナムグラのこととする説がある。確かに、カナムグラはクワ科であり、ヤエムグラはアカネ科の異なる植物であるが、ヤエムグラは春に咲き種を残し夏には枯れてしまうのだ。
 さて、ウソはスズメ目アトリ科であるが、そのウソにひかれてか群れで行動するはずのアトリが一羽だけでいた。

20121108_210443171
20121108_210531625
20121108_210459562
20121108_210821968   
20121108_210740312
20121108_225933281
20121108_225910500
20121108_230017796

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/08

目の前に  アカウソ

 目の前の小枝に、つぶらな瞳に、黒いベレーをかぶり、赤シャツを着たようなダンディな姿のアカウソが来てくれた。余りに近くあわててテレコンを外した。それでも500ミリでは焦点距離ギリギリいっぱいだった。だから、すべてノートリミング。

20121108_185141218
20121108_185251609 
20121108_185630531
20121108_185329828
20121108_185312312_2
20121108_185435765
20121108_185354453
20121108_185502140
20121108_185603593 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/04

水 場  シメ、アカハラ、クロジ

 熊が出没しているように山に餌となる木の実が少ないことからか、冬鳥の飛来が例年より早い。マイフイルドの森の木々や草は、まだ青々と茂っている。だから、せっかく入った冬鳥を探すのが大変だ。そのためついついこの水場に頼ってしまう。
 幸い、水場はシメ、アカハラ、クロジなどで大賑わいだ。

20121104_202042171
20121104_202059875_2
20121104_212025234
20121104_202443687_2
20121104_202609687
20121104_202646000
20121104_202229984
20121104_202150203
20121104_202421812

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/03

水 辺  マヒワ

 マヒワが群れをなして飛んできて、高い木に止ったかとおもうと、一斉に池の淵に降りてくる。池は水が涸れ、岸の草地から1メートルほど池底の泥が出ている。マヒワが水辺のきれいな所によるまでまとうかと迷っているうちに、慌ただしく飛び立ってしまう。なんともセッカチだ。もっと落着いて水を飲んでゆけば良いのに。

20121102_203348171
20121102_203318718
20121102_203245375
20121102_203200421
20121102_205102343
20121102_205140687


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/02

水 鏡  キセキレイ

  あのピクニックの森の涸れかかった池も、こんな切り取り方をすると晩秋の
山の湖畔風景のような雰囲気を感じる。
キセキレイが、羽虫をフライングキャッチをしては池に突き出た枯れ枝を渡る。

20121102_080039000_2
20121102_080057906_3
20121102_075911234_2 
20121102_075950406_2
20121102_080219609
20121102_080203656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »