« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013/01/30

枝乗り  ニシオジロビタキ

 待鳥来たらずで、三日間を棒に振ってしまったので、先日のニシオジロビタキを再登場させることとした。消し切れず残しておいて良かった。

20130130_221940457
20130130_221452613
20130130_221540535
20130130_221558097
20130130_221617160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/26

成鳥♂  ニシオジロビタキ

 ニシオジロビタキのオスの成鳥を見ることが出来た。喉から胸にかけての橙色が鮮やかだった。オジロビタキのオスは、喉に限られ橙色が広範囲にわたることはないとのことである。オスの成鳥は10年あるいは30年振りとも言われる。
 ユーラシア大陸西部で繁殖。日本では、愛知県、大阪府、鹿児島県で記録がある(フリー百科事典『ウィキペディアWikipedia』より)。 しかし、オンライン野鳥図鑑では『近年、日本で越冬する個体のほとんどはニシオジロビタキとされており、何故西の亜種が 日本で頻繁に確認されているのかは不明である。』との記載もあって、その違いに驚かされる。ただ、どちらでも日本ではオスの成鳥は極めて稀な記録のようである。

20130126_75714283
20130127_172034328
20130126_154917140
20130126_155255062
20130126_155204328
20130126_155220203
20130126_155233843
20130126_155659109
20130126_155356218
20130126_155537656

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/20

今季初  コミミズク

4時を過ぎても気配すらなかった。もう30分だけ待つこととしたのが幸いした。
日が落ち始めた5時近くになって狩りをするのか夕日を浴びて飛びはじめた。
暗くて追いきれないが、なんとか今季初めて撮れたことに満足し撤収した。

20130120_102309640
20130121_102102328
20130121_101322984   
20130121_101942734   
20130120_105534109
20130120_103248875
20130120_103606203
20130120_204734281_2    
20130120_103354578

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/01/19

残り雪 2  ベニマシコ

   雪絡みを期待して、川縁のベニポイントへ向かった。セイタカアワダチソウが雪の下敷きになって壊滅状態だった。やむなく水路に戻ってべニを待った。ベニマシコの出はよかったが、すっきりした絵は望めず、早々に引き上げた。

20130119_234403187
20130119_234211968
20130119_234419500
20130119_234345000_2
20130119_234322421
20130119_234610906
20130119_234550281

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/18

残り雪 1  ルリビタキ

 14日に関東では久しぶりに積雪があった。マイフイルドで雪を背景に撮る機会が少ないので直ぐにでも出かけたかったが、あいにく仕事があって今日になってしまった。が、思いのほか多くの雪が消えずに残っていた。ルリビタキが雪をバックに遊ばせてくれた。

20130118_201559421
20130118_201539093_2  20130118_201839359
20130118_202605031_2
20130118_201955078
20130118_201913218_2
20130118_202044921_2
20130118_202149312_3
20130118_202539484_4


 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/12

水 場  ゴジュウカラ、ウソ、ルリビ

本命に出会えず意気消沈し、立ち寄った山の水場等で五目撮り。ゴジュウカラ、ウソ、ルリビタキを、別の場所でホオジロ、ビンズイ、シロハラを撮るが気分は晴れなかった。

20130112_185034609
20130112_161120015
20130112_161351671  20130112_161323593_2 
20130112_161240390
20130112_161106109_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013/01/09

冬の使者  ミコアイサ

 水面を薄氷が漂う。寒気とともにミコアイサが渡ってきた。
 水へ潜ったり、
メスが氷上で羽繕いしたり活発に動いていた。
 清々しい冬の使者、巫女さん(ミコアイサ)に元気を授けられた。
  

20130108_215352974
Img_2424_edited2
20130108_215236661
20130108_215140583_2
20130108_215313974


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/08

清 楚  ミコアイサ

 この時期のミコアイサのオスは、全体が白い羽に包まれている。オスの羽衣が巫女の白装束のように見えることが名の由来である。また、眼の周囲や後頭部の黒い斑紋からパンダガモと愛称される。このどちらも、チャームポイントではあるがカメラマン泣かせでもある。白い体は色飛びしやすく、黒い斑紋のなかの目を写し出すのは容易ではない。
 分かっていても、この時期になると一度はミコアイサを撮らずにはいられない。

20130108_220353630_2   
20130108_215721614_2
20130108_220335755_2
20130109_093655109
20130109_085711593
20130109_085627812_2
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/05

新春三様  ウソ、マヒワ、クロジ

ウソが、梅の小枝のかすかな新芽と蕾をついばみ、アキニレ(秋楡)の残りの実をマヒワが散らす。また、樹下の吹き溜まりの落ち葉をクロジが舞わせる。厳しい寒気のなかで新春三様。

20130105_162248437
20130105_183250187_2  20130105_204804734   
20130105_162832515
20130105_162921562 
20130105_162601937
20130105_182539000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/03

撮り初め  ルリビタキ


20130103_184207375
 新年も三日目となると、体重や外が気になり腰が落ち着かなくなる。来客の合間にマイフイルドへ撮り初めに青い鳥を探しに行く。ルリビタキの成鳥が入ったことを聞いていたが初撮りに残しておいた。期待にたがわず見事な色合いに幸先の良さを感じた。

20130103_150357750
20130103_150439031
20130103_150551718 
20130103_153353125
20130103_150610343

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »