« 止まり木  オオジシギ | トップページ | 波 間  ケイマフリ »

2013/06/26

花魁鳥  エトピリカ

エトピリカに会うことが出来た。今回の撮影行の最大の目当だった。
船の甲板の冊にしがみついて、エトピリカの出現を今か今かと待った。
船が繁殖地のユルリ島、モユルリ島に近づいた時に姿を現してくれた。
そして、短い翼をはためかせ、助走をして、海面近くを直線的に飛んだ。
エトピリカを図鑑で見るたびに憧れていたが、ついに生の姿を目にした。

エトピリカのエトは「くちばし」、ピリカは「美しい」、というアイヌ語による。
エトピリカは、一年の大半を陸地のない外洋で過ごす海鳥である。
4月から8月にかけての繁殖期のみ、天敵のいない断崖で営巣する。
冬羽は顔が灰色で飾り羽がなく、くちばしの根もとも黒っぽい。
夏羽では顔が白くなり、目の後ろに黄色の飾り羽が垂れ下がる。
くちばしの根もとが黄褐色の独特の風貌となる。頭部が鮮やかに
彩られる様から「花魁鳥」という別名もある。(『ウィキペディア』より)。

  道東遠征 2    落石ネイチャークルージングにて。6月21日撮

20130625_203902718
20130625_184641968
20130625_091323875
20130625_190028234_3 
20130625_190114312
20130625_201721546
20130625_190042546_2
20130625_190012453_2
20130625_200356828_2
20130625_201056031_2
20130625_201112968_2   
 


 

|

« 止まり木  オオジシギ | トップページ | 波 間  ケイマフリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29936/52170808

この記事へのトラックバック一覧です: 花魁鳥  エトピリカ:

« 止まり木  オオジシギ | トップページ | 波 間  ケイマフリ »